タグ別アーカイブ: 鳴尾,整骨院

腰痛でお困りの方必見!!

台風が近づいてきてます!!

早めの対策を心がけてください!!

 

今日の症例報告は腰痛についてです!

 

西宮在住 10代 女性 陸上部

8月頃から腰が痛くなり始めた。

練習は週に5~6日、2時間ほど。

種目は短距離(100m、200m)

短い距離を走ることはもちろん多いが、練習では長距離の練習も多く取り入れている。

 

症状

  • 前屈時の痛み
  • イスに座っていて立ち上がった際の痛み
  • 走っている時

 

施術内容

(1)初回は腰の筋肉がかなり固かったため、筋膜を刺激するような特別電療を行いながら

施術を行いました。

(2)2回目はまだ固さが残っていたので初回同様、特別電療を行いながら施術。

股関節の動きが悪かったのでストレッチと腸腰筋(大腰筋+腸骨筋)へのアプローチも行いま

した。

(3)3回目は筋肉はほぐれてきてはいたが一点に硬結(かたまり)があり圧痛も

あったので超音波で硬結をほぐすよう施術を行いました。

 

このような施術を行うことによって4回目に来られた際にはほとんど痛みはなく

疲れてきたら少し痛む程度まで回復していました。

現在は痛みが再発しない様にケアをしながら陸上競技を続けています(^^)

 

今回痛くなった原因

①練習がハードで筋肉が疲労しており腰の筋肉が固くなったこと

②走るという競技は太ももをあげる動作がで主であるので

腸腰筋が縮まり固くなってしまったこと

この2つが大きな原因として考えられます!

*②に関して言えば長時間椅子に座っている人も腸腰筋が縮まり

固くなってしまうので腰痛の原因になります!!

 

 

 

日本人の多くの方が腰痛をもっていますが、

そのままにして置くとヘルニアや脊柱管狭窄症など

いろいろな疾患につながるのできちんと治療していきましょう(^_^)/

かちむしにご相談ください☆

 

 

西宮、武庫川、甲子園のお近くで、

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、スポーツ障害、美顔は

ぜひ、かちむしはりきゅう整骨院へお越しください!

みなさんの健康をサポートします(^^)/

四十肩、五十肩でお悩みの方は、かちむし整骨院へ☆

 

雨が続き、なかなかスッキリしない日が続いていますが、

お体の調子はいかがですか??

 

今日は、五十肩についての治療症例です!

 

五十肩で肩がつらい、肩が痛くあがらない..

西宮市在住、50代、女性

 

1年くらい前から右肩を動かすたびに痛みが走ることが増え、

半年ほど前に痛みがきつくなり、クイックマッサージなどで痛みを緩和していたが、

ここ何日かで痛みがまた強く出現し来院。

 

長年、調理系のお仕事で一日腕を使い体を酷使してこられていました。

肩に痛みが強く出始めてからはあまり肩を動かさずにしていたため、

来院された時には肩甲骨の周りの筋肉がかなり固くなっていました。

 

そもそも五十肩、四十肩とは、、

肩関節周囲炎」と言われ、ある日突然腕を動かしたときに肩に鈍い痛みが発生するのが典型的なパターンです。

痺れを伴うこともあり、眠れないほどの痛みが生じることもあります。

 

実際、かちむしに来院された五十肩の患者様も、

夜間にも痛みが強く寝返りをするたびに目が覚めるという悩みを抱えていました。

 

肩や腕を動かすと痛みが出るためここ何ヶ月間かあまり動かさずに安静にしていたため、

来院時、肩関節が拘縮してしまい動かせる範囲がかなり狭くなっていました。

 


 

施術内容としては、

肩甲骨周囲の筋肉の血流をよくするため周囲の筋をゆるめ、肩甲骨のモビライゼーションやストレッチを行いゆっくりと肩関節~腕を動かしていきます。

 

施術前は、腕を前に90°くらいまでしかあがりませんでしたが、

施術後は150°程度にまであがるようになりました(^^)

一番つらかった腕を後ろに回す動作も、施術前よりはかなり楽に動かせるようになったとおっしゃられていました!

 

出来る限り肩甲骨を動かすように意識し、血行を良くして、再発を予防しましょう(^^)/

 

 

五十肩や四十肩になってしまい、肩を動かしにくくなったり痛みがある場合は、

ぜひ!かちむし整骨院にご相談ください☆

 

 

西宮、武庫川、甲子園のお近くで、

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、スポーツ障害、美顔は

ぜひ、かちむしはりきゅう整骨院へお越しください!

みなさんの健康をサポートします(^^)/

 

秋(^^)/

こんにちは!

 

受付をさていただいている、池口です☆

 

 

 

 

10月9日は体育の日でしたね!

みなさんはどう過ごされましたか?

運動はされましたか?(笑)

 

 

私は部活で約7㎞のランニングをしました!

もう、死にましたね(^_^;)!

 

患者さんの中には、地域の運動会に参加してきたという方もちょくちょくいます!

 

実家の地域では3年ぶりに運動会が行われたらしく、

お菓子をもらうために色々出場していたな~

と懐かしく思いました!

 

最近は帰省したくて仕方がないです(>_<)

切実に休みが欲しいです(笑)

 

 

 

この時期は、食欲の秋と言われているように

南瓜やサツマイモ、栗といった食材を使った

料理がたくさん出ていますね!

 

ついつい食べ過ぎてしまいますが、

適度な運動もしていきましょうね☆★☆

 

筋トレをしてから有酸素運動を行うと

ダイエット効果が高まるらしいですよ(^^)/

 

 

 

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、スポーツ障害、美顔は

ぜひ、かちむしはりきゅう整骨院へお越しください!

みなさんの健康をサポートします(^^)/

ジョギング時の膝の痛み

こんにちは!

スタッフの吉田です。

朝晩がかなり寒くなってきましたね。風邪を引いたりはしていませんか?

 

運動をしやすくなり、ジョギングをする方も増えてきているのではないでしょうか?

今回はジョギング時の膝の痛みについて、症例をひとつあげてみますね。

ジョギング時の膝の痛み

 

40代男性

以前から、マラソン大会に出るなど走ってこられた方ですが、

腰を痛められてから、少し走るのは休んでいらっしゃいました。

腰痛も回復し、9月の初めからまた走り始めたのですが、

お仕事の都合で膝に無理がかかることがあり、膝のお皿の下に痛みを感じるように。

調べてみると、ランナーによくある、膝蓋靭帯に炎症が起きているのではないかと判断。

 

9月下旬に痛みを訴えられたのですが、10日程で回復。

干渉波はり患部に手技骨盤矯正

  1. 太ももの表の筋肉を緩めるために干渉波と手技。
  2. お皿のしたにある、膝蓋腱と呼ばれるところに刺激を入れて治癒機能をあげるための、はり。
  3. 骨盤矯正することによる、太ももの表に適切な負荷がかかるようにする。

 

これらを週2~3日することで回復しました。

 

太ももの表の筋肉が張るのが、主な痛みの原因ですが、なぜ太ももの表が

引っ張ってきていたのか。

原因と対策

  1. 走る時の膝の使い方膝が内を向き、つま先が外をむくことによって、お皿の下の内側にひっぱられるようなストレスがかかるので、リハビリ指導)
  2. 普段の足首の使い方足裏に対する体重のかかり方が、親指寄りだったので、それをできるだけ人差し指の付け根に体重が乗るようにするよう指導)
  3. 骨盤の状態(骨盤の位置を変えていくことで、筋肉にかかる無理な負担を減らす)

これらを総合的にみて、どうしていけば良くなってどうしていけば再発しないか。

そういったことを考えながら1人1人に合う方法を考えていきます。

 

腰痛や肩こり、これらも原因を調べることが大事になるので、

また何でもご相談くださいね。

 

西宮、武庫川、甲子園のお近くで、

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、スポーツ障害、美顔は

ぜひ、かちむしはりきゅう整骨院へお越しください!

みなさんの健康をサポートします(^^)/