もしも交通事故に遭ってしまったら・・

先週は関西への大型台風の直撃や、北海道の地震、、と、なかなか落ち着かない一週間でしたが、兵庫や大阪も電気や水道がほぼ復旧してきましたね!

我が家も翌日の朝の5時ごろまで停電と断水が続いており、水道や電気が当たり前に使えるということがこんなに嬉しいと思ったのは初めてです(^_^;)

いつ何時何が起こっても大丈夫なように、準備をしておかないといけないなと改めて実感しました・・!

 


 

さてさて、なかなかスッキリしない天気が続いていますが、雨の日は車に乗って出かけることが多いと思います。

そんな時注意をしなくてはいけないこと・・!

交通事故です!

 

もしも交通事故に遭ってしまったら・・・

交通事故は予想もしていないところで起こります。

実際に交通事故に遭ってしまった方も『まさか横からぶつかられるとは思っていなかった』と予想外の出来事だったと言っています。

 

 

交通事故に遭ってしまったら・・

  1.  警察に連絡する
  2.  保険会社に連絡する
  3.  かちむしに連絡する
  4.  病院で診察をして、診断書をもらう
  5.  警察署で人身事故扱いにする
  6.  かちむしに通院する

 

事故直後はパニックになってしまっていたり、体の痛みに気付きにくいことがあります。

家に帰ってから体が痛み出した

翌日朝起きると首や腰に痛みがあった

など、少し時間が経ってから痛みが出てくることも多いです。

 

 

事故に遭ったら、

相手の連絡先は必ず聞くようにして、病院へ行きましょう。

 

交通事故の場合、車、バイクに乗る人は必ず加入したいといけない「自賠責保険」の適応

となるため、実質施術費の自己負担はなく、0円で施術が受けられます。

交通事故は第3者行為による負傷とみなされ、基本的には健康保険の適用になりません。

被害者の方は施術費がかかることはありませんが、加害者の方の場合は施術費がかかることがあります。

加害者の方でも、ご自分で加入している傷害保険や生命保険で慰謝料が出る場合もありますので、

一度ご相談ください。


交通事故のむち打ち施術

交通事故のむち打ち施術