意外に多い!ゴルフによる、ばね指の施術と予防!


ゴルフシーズンが始まりました!

 

それに伴い、ゴルフによる痛みが増える一方(+_+)

 

ゴルフを長く、楽しくやるためには体のケアが必要不可欠!

 

今回の症例は、「ゴルフによるばね指対策」

 

西宮市在住 60代男性

主訴:ショットを打つときに左薬指、手のひらの部分が痛い!

症状

  • 強くグリップをにぎれない
  • インパクトの時手のひらが痛い
  • 手を強く握ると薬指だけが伸びない、もしくは引っ掛かり強く伸ばすとばねの様に伸びる
  • 手のひらにしこりのようなものがある

 

原因

ゴルフの練習のし過ぎで、指が曲がった状態が長時間続き、なおかつ力で握りこむことで起こる

特徴として、ラウンドを多くする人よりも、打ちっぱなしでの練習が多く1回に200球以上打つ人に多い。

 

施術方法

前腕の屈筋をしっかりほぐし、指の曲りに必要な筋肉をしっかりほぐす。

ここからが重要!

引っかかっている腱を解除するため、超音波をあてます。

目的の腱部分に、温感が伝わるくらいの温熱を3から5分加えます。

その後、温まった腱を含めた組織を指で腱の走行方向にほぐしていいきます。

ほぐし方や超音波の方法は少々コツがいりますが、これを続ければ以下の様に治っていきます。

  1. 腱部分にグリップがあたっていた痛みがなくなる
  2. 引っかかっていた腱が少しずつ引っかからなくなる
  3. 思いっきり握りこんでも痛みも、引っ掛かりもなくなる

 

こんな感じで治ります。

当院でも月に1度ほどゴルフによるばね指の患者様がみえますが、長くて1ヶ月の施術を行うことでほとんどの症状はよくなっています。

施術メニュー

実費整体20分ほど(指の施術を含む)2000円ほど

超音波 1500円ほど

体のバランスが悪ければ姿勢を見て、骨盤の矯正(ゴルフの方はだいたいゆがみ有)500円

こんな感じです。

痛みをあきらめず一度ご相談を!

院長 安藤