テニスの動作に繋げていく


おはようございます。
今日も植田が更新します。

今週は週初めは寒くて
週末は暖かい。

気温差がありすぎて
服装などの調整が
難しいですね(>_<)

インフルエンザは
下火になってきましたが
まだまだ油断は禁物。

体調管理を怠らないように
してください!

個人的には
もう少し寒さが続いてくれたら
ありがたかったのですが…(._.)

同じ趣味を持つ
江坂テニスセンターのコーチさんと
自然相手の遊びは
お天気には逆らえないので
仕方ないですよねー
なんてお話をしていました。

さてさて
今週のトレーニングは
先週の続きです。

最初の体幹の時間は
左右の切り替えしと
腱反射の
トレーニングを入れました。

この2つは今週のサブテーマです。

以前も行ったように
ラインを踏まないように
左右に切り替えしていきます。

腱反射を利用するために
着地はつま先で行い
着地後すぐに跳びます。
切り替えし 3

足を広げて跳んでしまう選手がいたり
動きが理解出来ずに
切り替えしどころでは
なかった選手もいましたが
水・金で何とか修正出来ました。

まだ切り替えしは上手に
出来ていませんが(^_^;)

このトレーニングは
個人差が出やすいです。

腱反射の利用が苦手な選手は
どうしても上手く出来ません。

ですがこの動作は
左右に振られても
素早く戻ってくるのに
必要な動作です。

繰り返し練習しましょうね。

まだこのトレーニングに進めていない
低学年グループの選手が
これを理解していたので
驚きました(゜o゜)

すでにこれを意識したトレーニングを
行っている他のグループの選手は
理解していましたか…?

メインテーマは
フォアハンドのオープンスタンスでの
ハムストリングスを使ったスイングです。

ボールを打つ時間を
長く取りました。

復習で大きいボールを使っての
動作確認。

ペアの選手にフォアサイドに
大きく振ってもらいます。
左右(ボール) 2

自分の近くのボールだと
良い動作で出来ても
遠いボールだと
出来ない選手がいます。

まずボールに追いつけるか
という問題もありますが
ボールに追いつけても
踏ん張らずにそのままの勢いで
ボールを投げ返す選手が大半です。

そのため
ちゃんとペアの方にボールが
返りません。

そんな動作を繰り返しているから
球出しになっても
上手く打てません。

トレーニングの時間の球出しは
ネットしても変な方向に飛ばしてもいい
とはいっていますが
適当に打っていいわけではないです。

コントロールを意識しなくていい代わりに
動作をきちんと行うためです。

トレーニングの意図を
理解してくださっているコーチさんは
ボールをフォアサイドに
大きく出してくれています。
左右 2

出来る選手には
どんどん厳しく出しています。

何度か説明していますが
このフォアハンドのオープンスタンスのスイングは
サイドに大きく振られても
狙ったところに
強いショットが打てるようになるために
トレーニングしています。

なので
大きく振るし
打ったあとの姿勢や
1歩目の蹴る脚まで
細かく指導しています。

打った後に戻って来れないと
意味がないですからね。

右利きの場合だと
打ったあと右足で
地面を蹴って大きく
クロスオーバーステップを入れると
素早く効率良く
戻ってこれます。

自然とそれが出来ている選手
なかなか出来ない選手と
分かれてしまいますが
出来ない選手も
指導すれば出来ます。

まだ基礎の動作作りが終わっていない
低学年グループは別として
他のグループは
基本は終わっています。

もうハムストリングスだけを
意識したトレーニングは
終わっています。

ポイントが2つ3つに
なったりしますが
混乱しないでくださいね。

どれも大事です。

また、トレーニングの感覚を
忘れてしまわないように
出来るだけ普段のレッスンでも
意識してくださいね。

低学年グループは
バックハンドのスクエアスタンスで
後ろの足のハムストリングスを
使ったスイング。

今週で基礎の仕上げです。

こちらも
ボールを打つ時間を
長く取りました。

大きいボールを使って
動作を確認した後は
セルフで球出しをして
ボールをしっかり打ちました。
スイング(ハム・低学年) 8

ここのグループは
自ら私に出来ているか見て欲しい
と言ってくる選手が
多くいます。

言ってこなくても
顔で訴えて来る選手もいます(笑)

もちろん言ってこなくても
全選手みていますが
意識が高いですね\(^o^)/

こういう選手が
増えていくといいですね♪