熱心に取り組む


おはようございます。
今日も植田の更新です(^^)

昨日のレッスン中の気温は
比較的暖かめでした♪

江坂テニスセンターには
空調完備のインドアコートも多くありますが
ジュニアの選手たちは
ほとんど外のコート。

暖かいと体が動きやすくなりますし
怪我のリスクも下がります。

観ている側も
つらくありません(笑)

ありがたいですね(^^♪

今週のトレーニングは
先週の続きでした。

体幹はクロス。
クロス 1

まだ手‐膝でやっているので
選手たちは比較的
楽と感じているようです。

でもこれ実は
細かくみると
すごく難しいんです。

腕と脚をあげても
骨盤に回旋や伸展などが
出ないようします。

そのレベルまでみてしまうと
トレーニングの時間の
全てを使っても足りないので
選手たちには
「支えている方の足に体重を掛けない」
と伝えています。

それでも体重を掛けてしまったり
腰を反らしたり
体が捻じれたりしています。

あまりに余裕ぶるので
次からは肘―つま先にしようかな…

メインはバックハンドのスクエアスタンスで
前後の動きです。

前後に動くなかで
前の足と後ろの足の
ハムストリングスを
使っていきます。

復習からなので
大きいボールを使った
前後の動きから。
前後(ボール) 4

振替などの都合で
あまりこれていない選手を除けば
だいぶ出来るように
なってきたと思います☆

先週問題にしていた上半身の回旋も
だいぶ出せるようになりました。

次はコーチによる球出し。
前後 5

球出しになると
当然ですが難易度が上がります。

ボールに合わせて
自分が動かなければいけません。

また
前のボールは前の足
後ろのボールは後ろの足
という条件つきです。

その条件に合うように
動かなければいけません。

前後に動くと分かっているので
どうしてもボールを投げられるより早く
動き出してしまい
必要以上に後ろに下がってしまう
選手がみられます。

後ろの足に体重を掛けようと思えば
ボールの着地点と後ろの足が
近くないといけません。

このボールの置き所が悪く
球出しになると
出来ない選手がいました。

特にレベルがまだ
下のグループほど
その傾向がみられます。

上のグループですら
球出しを行う前に
コーチが後ろにだけ出して
微修正を入れてからやって
上手に出来たぐらいです。

少し難しかったかもしれません。

低学年グループも
先週の続き。

バックハンドのスクエアスタンスで
後ろの足のハムストリングスを
使っていきます。

今週は動作確認の時間を短くして
大きいボールを使っていきました。
スイング(ハム) 14

ボールを使うと
意識がボールにいってしまい
身体の使い方がおろそかに
なりがちです。

特に前の足を上げようとして
腰を曲げてしまう選手が多いです。

大きいボールは投げれても
実際にボールを打つとなると
これでは打てません。

来週もまだ続けます。

最近トレーニング中に
私やコーチの声掛けにきちんと反応
するだけでなく
出来ているか
修正点がないか
自ら確認に来る選手が
出てきました。

宿題として出していなくても
自宅で練習したと
こっそり教えてくれた
選手もいました。

それに対して
真面目に取り組まない選手も
目立ってきました。

グループや年齢に
関係なくです。

当然、トレーニングの結果に
差が出てきはじめています。

あまり重い雰囲気でするのは
好きではないので
楽しんでしてもらうのは
構いません。

多少のお喋りも許しています。

ですが最近は
度を超えています。

トレーニングの時間は
遊びの時間ではありません。

テニスのランキングが上でも
ふざけているその間に
ライバルは黙々とトレーニングに取り組み
少しずつですが確実に
成長していっています。

たとえ今は勝てていても
いずれそんなライバルに負けます。

いつも負けているライバルが
黙々と取り組んでいる選手なら
その差は縮まらなくなります。

それをしっかり意識しましょう。