片脚でスイング


おはようございます(^^)
今日は植田が更新です。

土曜日は職場にお休みを頂き
学会の方に出席してきました。

普段出席している
AT(アスレティックトレーナー)という
トレーナーの資格の方ではなく
JATI-ATIという
トレーニング資格の方です。

あまり行かないので
たまには…
という感覚で出席してきましたが
今しているトレーニングの
ヒントになる発表がありました♪

取り入れたいのですが
江坂テニスセンターの選手たちに
実施するには
スキル面も筋力面も
ちょっとリスクがあるかなー…

今週のトレーニングも
体の裏側を意識したもの。

まずはいつも通り体幹メニューから。

今週はサイドブリッジ+レッグレイズです。
サイドブリッジ+レッグレイズ

負荷軽減のために
肘―膝で行いました。

いずれは肘―足で行いますが
まだそれは先です。

焦らずじっくりと(^^♪

肘―膝でもきちんとやると
きついものです。

普段あまりしていないせいか
「足つるー!」
「俺の足頑張れ!」
などなど
思い思いに叫んでいる選手が
多くいました^^;

足を上げている側の
中殿筋という
お尻の横についている筋肉を
特に鍛えるトレーニングですが
この筋肉とても大事なんですよ!

メインメニューは
先週の復習から入りました。

スクワット姿勢のままで
その場でステップ。

前回出来なかった選手の中に
しっかり自宅で練習してきた選手もいて
少し上達していました☆

まだ上達していない選手も
続けていれば必ず出来るようになります。

諦めないでくださいね(^^)/

次は時間があったグループは
スクワット姿勢から斜め前に
ジャンプしてもらいました。

立ち幅跳びのような感じです。
立ち幅跳び

少しやり方を変えて
復習で行ったステップをしながら
私の合図で跳ぶという形を
取りました。

跳んだ後はスクワット姿勢で着地。
その後すぐにステップ。

合図なしでもいいのですが
テニスのラリーを見ていると
スプリットステップをしてから
ダッシュやスイングに移行することが多いので
スプリットステップから
ハムストリングスのパワーを
発揮出来るように
ステップとリアクションの要素を
入れています。

その後サッカーボールなどを使って
片脚でスイングしました。

今週の目的は
フォアハンドのスクエアスタンス。
意識するのは前の足(右利きの場合左足)の
ハムストリングスと内転筋です。

プロの選手も同じようなトレーニングを
しています。
ボールスイング 1

プロの場合はメディスンボールを
使用しています。

ハムストリングスを意識するだけでは
難しいので
投げ終わった後に
バランスを崩さないように
2秒ほど静止するように
指示を出しました。

大腿四頭筋をメインで使うようなスイングだと
投げ終わった後に踏ん張れず
バランスを崩したような形になるからです。

このトレーニングで
感覚をつかんだら
ボールを打って
テニスになじませます。

ボールを打つ際は
普段のスイングが崩れても
良くないので
両脚でスイングするように
指示しました。

ただインパクトの瞬間に
直前のトレーニングでつかんだ感覚を
再現するように
意識してもらいました。
スイング(ハム) 3

全体的に前回行った
後ろ足に意識を置くスイングより
こちらの方が得意そうでしたね。

低年齢グループも順調にメニューを
行えています。

最近新しく上がってきた選手たちも
頑張ってついてきてくれているので
今週はスクワット姿勢で前進するメニューまで
行うことが出来ました。

このグループはペアで
押し合いっこすると
怪我をする可能性があるので
壁や私が相手でしたが
他の上のグループよりも
上手に出来ていました(*^^*)

そろそろスイングの練習に
入れそうです!

頑張りましょうね☆