スクワット姿勢で動く


おはようございます。
今日も植田が更新します(^^)

水曜日の雨から
急に冷え込みましたね(/_;)

本格的な冬の到来です。

風邪を引かないように
手洗い、うがいをして
乾燥対策もしてくださいね!

私もそろそろ
手袋を出したりしないと…

今週のトレーニングは
以前の復習にしました。

本来はもっとたくさん組んでいたのですが
無理に進めて怪我をしては困るので
メニューを減らしました。

出来なかったメニューは
ちゃんと次回やりますよ(^^)/

まず体幹シリーズは
フロントブリッジ+アーム、レッグレイズ
フロントブリッジ+レッグ、アームレイズ

斜めに腕と脚を上げるものです。

今週までの体幹メニューは基礎メニューです。

最低これらのシリーズは
30秒はキープ出来るように
しましょうね。

トレーニングメニューは
スクワット姿勢でのステップです。

以前も書いたかもしれませんが
パワーポジションで行わずに
スクワットで行うのは
より低い姿勢を意識するためです。

具体的には
股関節の屈曲を
意識してもらいます。

また、トレーニングのテーマでもある
ハムストリングスを
意識してもらうためでもあります。

以前も行ったように
まずその場でジャンプ
次にサイドステップ
最後にリアクションでサイドステップと
段階を上げていきました。
スクワットステップ 2

感覚がつかめてきたのか
上手に出来るようになった選手も
出てきました♪

出来るようになってきている選手たちは
普段の練習でも
パワーポジションで
出来るようになってきています。

股関節が伸びてしまって
低い姿勢を保てなくても
膝を使わずにステップが出来るように
なっている選手が
増えてきました。

これはいい傾向です☆

膝を使ってしまうのが
1番良くありません。

普段から低い姿勢を保てず
膝で衝撃を受け止めている選手が多いですが
普段低い姿勢を保てていて
問題ないように見える選手も
こういうトレーニングを行うことで
体の使い方を間違えていることに
気づくことがあります。

私にも担当コーチにも指摘され
爆笑していましたが…

笑いごとではありません<(`^´)>

長年の癖や
柔軟性などで
選手個人によって
出来ない理由もあります。

そういう選手は
個人的にしっかり原因を突き詰めないと
改善出来ないのですが
私が江坂テニスセンターで担当しているのは
グループレッスン。

グループレッスンでは
そこまで出来ないのが現状です。

出来ないことを嘆いていても仕方ないので
なんとか今の状況でも
改善出来るように
工夫していきたいと思います(^_^)

低学年グループも
同じメニューをこなすことが
出来ました。

このグループは
まだ普段からパワーポジションが
意識しにくいグループ。

なかなか
低い姿勢を取ることがありません。

トレーニングでも
ここまで追い込むことも
少なかったので
トレーニングが終わる頃には
ヘロヘロになっていました。

良く頑張ったと思います。

トレーニング後に
太ももの裏がしんどくなった選手は
正しい使い方で
きっちり追い込めた
ということです♪

低い姿勢を取り続けることは難しくても
他のグループよりも上手に
出来ていたりします(*^_^*)

今のうちから悪い癖をつけずに
正しい体の使い方が出来るように
していきましょうね。
スクワットステップ 3

最近確実に
どの選手も動きがよくなってきています。

日々の積み重ねは大きいなと
改めて感じることが出来ました☆

来週は通常レッスンはお休みなので
トレーニングはありません。

ブログは何か番外編で
記事を書こうと考えています。

選手たちはおそらく
田村杯に向けて
1日練習会などで
調整していると思います。

怪我なく追い込んで
田村杯で良い結果を出せるように
集中して取り組んでくださいね!!