ハムストリングスを使う


おはようございます。
今日も植田が更新します♪

最近は暖かかったのに
今週は少し冷えましたね(>_<)

来週はまた暖かくなるんだとか。

紅葉は長持ちするそうですが
気温の変動が大きいと
体調管理が難しいですね(/_;)

風邪を引かないように
気をつけましょうね!

今週のトレーニングは
とことん体の裏側を使うメニューでした。

まず軽ーくアップがてらに
ヒップリフト。

今のテーマになって1番最初に
行ったメニューですね。

復習なので細かい指導はなしで
やってもらいました。

1度やっただけでは
なかなか覚えられないもの。

筋力もつきません。

何度も繰り返し行っていきます。

次に行ったのは
プライオメトリックトレーニング。

以前に1度だけ行ったことがあるのですが
大事には至ってないものの
一時的に膝を痛める選手が多かったので
継続はしていませんでした。

ストレッチショートニングサイクル(SSC)
という理論を使ったトレーニングです。

簡単に説明すると
筋と腱を伸ばした状態で接地することで
素早く爆発的な力を使う
という理論で
そのためのトレーニングが
プライオメトリックトレーニングです。

選手にはあまり難しいことを言っても
混乱するので
地面の力を使って大きな力を使うトレーニング
と説明しています。
ハイスキップ

走る動作
ジャンプする動作が
分かりやすいですが
テニスでもちゃんと使います。

スイング時にハムストリングスに力をため
インパクトの瞬間に発揮するには
この理論がもとになっています。

接地がないから
分かりにくいだけです。

まずは簡単な動作から
爆発的な力を得る感覚を身につけてもらい
その後説明してテニスに
繋げていこうと思います。

ただこのトレーニングは
怪我のリスクが高いもの。

特に江坂テニスセンターのようなハードコートは
やり始めは非常に危険です。

様子を見ながら
取り入れていきたいと思います(^^)

最後にスクワット姿勢のままで
移動するためのトレーニング。

スクワットはどの選手も上手に
出来るようになりました☆

次はそれを動作に繋げていきます。

今回はよりハムストリングスを意識しやすいように
まずはその場での細かいステップと
サイドステップを行いました。
スクワットステップ

これでも
つい普段のスタンスと構えで
行ってしまう選手ばかりでした。

長年の癖ほど
抜けないものです。

どのテーマのトレーニングでも
言い続けていますが
まだまだですね…。

最後は押し合いっこ。

タックルがあるような競技で行うトレーニングなのですが
相手に負けないように進むには
低い姿勢を保ちハムストリングスの力を使い
体幹にきちんと力を入れないといけません。
タックル

選手たちは負けたくないので
自然と力の発揮の仕方を
覚えていきます。

細かい指導なしでも
上手な選手はきちんと姿勢を作り
ぐいぐい押していました(^^♪

ちなみに低学年グループは
今週は徹底して
スクワットのみ行いました。

先週までは
ひたすらヒップリフトを
行っていました。

少し退屈かもしれませんが
今のうちに覚えてしまうと
後が楽です。

動作をすぐに覚えられる
今のうちに正しい動作を
覚えてもらおうと思います。

もちろん
この後ちゃんと
他のグループと同じ内容を行います☆

ある程度ハムストリングスの使い方が
分かってきたと思います。

来週からはようやく
テニスの動作も入れていきますね(*^^*)

来週のブログは
11月23日(月・祝)に更新します!