全日本ジュニア


おはようございます(^^)
今日も植田が更新します。

いよいよ今日から全日本ジュニアが始まりますね(`・ω・´)

江坂テニスセンターはU12とU14の試合会場になっていて
昨日が練習日になっていました。

いつもと違って熱意があふれた雰囲気に軽く圧倒されました(゜゜)
試合が始まるともっともっと
熱くなるんでしょうね。

昨年10月から江坂テニスセンターのサポートを
始めさせて頂いているので全日本ジュニアは今回が初めて。
何だかこちらまでワクワクしてきます\(^^)/

全国のトップレベルが集まる試合なので
都合がつく限り観に行こうと思っています。

江坂の選手とトップレベルの選手。
何が違うのか。
しっかり感じとり、今後のトレーニングに
活かしていきたいです☆

ちなみに江坂テニスセンターからは
U16女子シングルス、女子ダブルス
U14女子シングルス、女子ダブルス
U12女子シングルス、女子ダブルス
に出場します。
暑いですがU14とU12は自分たちのホーム。
この有利な条件を活かして
出来るだけ勝ち進んでいって欲しいですね!

さてトレーニングは左斜め後方への動きでした。

予想していたよりは
左でも苦手そうにはしていませんでた。

少し前に左斜め後方への動きをしたときもですが
右(フォア側)に比べると左(バック側)は
1歩後ろに下がるというよりは
体を左に引いて下がったようにしている
という印象を受けました。

だからマーカーに足を近づけることが
なかなか出来ません。

その体の使い方が染みついてしまっているから
実際のテニスでもバックを苦手とする選手も
多いのではないでしょうか。

スイング技術だけでみてもバックの方が難しくはなります。
しかしステップがきちんと出来ていない
ということは
ボールの落下点に回り込むのが遅くなってしまいます。

余裕をもって入れなかったり
必要以上にダッシュをしなければいけなくなったり
調整のためにステップ数が多くなったり
様々なことが起こります。

これだと打ちやすいフォームを作るのが遅れ
ショットが返せない
当てて返球するのが精一杯
ということになります。

バックが苦手だと相手に知られてしまえば
当然相手はバックを狙ってきます。

無理してフォアに回り込むのも戦術ですが
それだけではもちません。

それでポイントを落としていては
もったいないです。

実はあまり意識していなかった
ステップの仕方を改善することで
バックが得意になるかもしれません。

少し意識してみましょうね(*^^*)

来週1週間はレッスンがお休みになるので
トレーニングもお休みです。
再来週からは斜め前方に入る動きになります。

斜め後方よりも苦戦する選手が
多いかもしれません。

レッスンがお休みでもお家でしっかり
トレーニングをし感覚を忘れないように
しましょう!
左後方サイドステップ&コーディネーション