しっかり前に入る


おはようございます(^^)
今日も植田が更新します。

職場では土曜日はいつもスタッフは私1人。
寂しく仕事をこなしていますが、今日はスタッフが2人体制。
いつもより楽しいです♪

横方向、斜め後方と続いたトレーニング。
今週は斜め前方のトレーニングでした。

前に入るので、今までと少し動き方を変えました。
パワーポジションを保って大きく1歩動くのは同じですが
ステップイン 1
そこからさらにステップを入れてスイングをしてもらいました。
ステップイン 2
戻るときは今まで通り
足幅を保ったままのサイドステップです。
ステップイン 3

江坂テニスセンターで行われている
関西ジュニア強化練習会でも力を入れているように
前に入る戦術も積極的に取り入れています。

その中でコーチから上がってきた声の中に
「ステップが出来ていない」
という意見がありました。

今回のトレーニングを組む上で
コーチの方から意見を頂いたのですが
ほとんどのコーチから同じ意見が上がりました。

例えばフォアのボレーを行う場合。

まず右足を斜め前に出して中に入り
その後左足を前に出してボレーをします。
左足を出したと同時にボールを捕らえるイメージですね。

ストロークだとボールを捕らえるタイミングが変わるだけで
フットワークは変わりません。

ですが江坂テニスセンターの選手を見ていると
この右足の動かし方が出来ていません。

右足が動かずに左足だけ動かしているか
右足を横に出してしまっています。
なかには右足を出してボールを捕らえている選手もいます。

コーチの方の意見ですが私も同意見でした。

なので今回
パワーポジションで動くに加えて
前に入る際のステップワークも行いました。

やっとパワーポジションのままで動けるようになってきたところに
今回の新しいステップワークが入り
選手たちは軽い混乱状態に陥っていました。

混乱することは悪いことではなく
頭に新しい刺激が入って考えようとするので
問題ありません☆

ですがステップが出来ないままは良くないので
来週も同じメニューで行います!