しっかりスイング!


こんにちは!

今日は植田が更新します♪

5月14日(木)~17日(日)
千葉県のTTC(吉田記念テニス研修センター)では
2015 DUNLOP SRIXON CUP 全国選抜ジュニアテニス選手権大会
兼 ワールドジュニアテニス世界大会代表選考会
が行われています。

現在、大会の真っ最中。
江坂テニスセンターからは
U12 1名
U14 1名
の計2名が出場しています。
そのうち1名は昨日第1シードを破る大金星☆
今日の試合結果は分かりませんが
頑張って欲しいものです!

さていつも元気な2名がいなくて
少しい寂しい?今週のトレーニングは
先週に引き続きスイングです。

先週はその場で4種類に分けて
行いましたが今週は動きも加えました。

少し前にしつこいぐらい行った
クロスオーバーステップ+サイドステップ+オープンorクローズスタンスのステップ
です。

マーカーを使用して
繰り返し行ったものが
やっと使えました。

意識せずにしっかりとステップ出来るように
ステップの後しっかりと踏み込めるように
何度も何度も行いました。

その甲斐あってか
動き自体はすごくスムーズでした。

意識せずに行えるようにならないと
試合などで咄嗟に出てきませんからね。

今後も色んなトレーニングの合間に
入れていくつもりです。

近い距離の移動ではサイドステップで
細かいステップを入れる方がいいでしょうが
大きく移動しなければいけないときは
それでは時間がかかってしまいロスになります。

大きく移動するときは
大きく動けるクロスオーバーステップを用いた方が
歩数が減り時間も短縮出来ます。

そのため私が江坂テニスセンターで
トレーニング指導を行い始めて
初期の段階から様々な形で
クロスオーバーステップを
用いています。

それだけ使用頻度も高いですし
まだまだ使いこなせていない
ということです。

肝心なスイングは
前回と違い斜め方向にボールを投げないといけないので
苦戦する選手もいました。

腕の力だけ使っていては
ボールが飛びませんし
方向も定まりません。

特に踏み込みが甘く
膝が伸びきり体の開きが早くなってしまう
選手がいました。

今回の斜め方向は
流す方向ではなく引っ張る方向なので
そのスイングでは当然狙い通りに
ボールが飛びません。

フォアかバックか。
オープンかクローズか。
それぞれの打ち方で
得手、不得手が出てきます。

実際、トレーニングの最中に
バックハンドになった途端
指導回数が増えた選手の話を聞いてみると
自分自身もバックハンドを苦手としており
相手もサーブからバックを狙ってくると
言っていました。

そう感じているからこそ
トレーニングはチャンスです!

あと数回で一旦終了する
今のトレーニングですが
少しでもコツをつかんでもらいたいですね。

江坂テニスセンターから
少しでも多くの
全国出場する選手が増えるように
世界に羽ばたく選手が出るように
コーチを連携を取りながら
トレーニング指導を続けたいと思います!
スイング 5